自己破産ドットコムのロゴ

会社の破産で個人保証している社長は自己破産できるか

会社が破産しても社長が会社の債務をすべて個人保証している場合は、保証人である社長個人の債務はそのまま残るので、支払能力がない場合には社長個人の破産申立も同時に行う必要があります。
会社の破産や会社経営者が破産をする場合は、財産の有無にかかわらず破産管財人を選任して、会社の財産状態、経理状態を審査します。
そして、破産者の破産手続開始の決定時の財産が破産手続きを継続していく費用も出ないことが明らかになった場合は、債権者集会を招集し債権者の意見を聞いて、廃止決定を下します(異時廃止)。
破産手続きの費用が出るのであれば、破産管財人は破産手続きを進めていくことになります。

ピックアップ事務所

埼玉大宮法律事務所
【相談料0円&費用分割可&全国対応&土日祝も受付中】過払金請求は着手金0円とし借金で悩んでいる方には費用面でも負担を掛けさせません

埼玉大宮法律事務所